スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産まで3

夕方4時過ぎ、1日振りにモニターで心拍チェック。それを見た助産師さんが先生を呼びに行く。
少しは進展したかと期待しながら内診。ところが子宮口は相変わらず1センチしか開かず、陣痛時に胎児の心拍が落ちているとのこと。「赤ちゃん疲れてしまってるから、急だけど帝王切開で出してあげたほうが…」私もすでに限界だったので即了承、むしろその言葉を待ってました!
で、旦那くんに即連絡し、1時間後に緊急帝王切開が決定。陣痛の合間に手術の説明を聞いたり準備をしたり。麻酔が入れば陣痛からも解放される、もう少しだからね!と助産師さんに励まされる。
麻酔医と手術の準備が早くにできたので、1時間しないで手術室へ。台へ上がる直前まで陣痛と闘う。旦那くん、ギリギリ間に合う。立ち会いはしない予定だったのに結局手術室の外から一部始終を見ることに。
麻酔が効いてきて、感覚はあるのに痛みがなく、足はしびれた感じ。陣痛も感じなくなり自分の体が何か不思議~と、のんきな感想を麻酔医に話してる間に手術は進み、ぐいぐいっとお腹を押されたかと思うと「はい、赤ちゃん出るよ~」と、お腹がふわり軽くなり産声が。
2月18日17時38分、男の子誕生
朦朧とする意識の中、赤ちゃんの顔を見せてもらい、男の子のシンボルもばっちり(笑)
やっと会えたね、と感激したのも束の間、息子は飲み込んだ羊水の吸引やら私は胎盤の取り出しやらと、お互い処置に入る。少し休んでねと麻酔で眠る。その間に旦那くんはヘソの緒を切ったり、身長体重をはかるのを見たり、息子を抱いたりしてたらしい。
起こされて目を覚まし、病室に運ばれる。
寝たきりの私の横に息子くんが連れてこられ、改めてご対面
が、寝たきりなので顔がよく見えない助産師さんに手伝ってもらい、そのまま初授乳。オムツ替えは旦那くんが担当。状況が状況なんで、旦那くんもやるしかなくて。今や率先して替えてくれるから、これは良かった
疲れはてたらしい息子くん、産まれて初めての夜は一度も起きることなく朝まで眠ってた。生きてるか不安になり、時々つついたりして(笑)3日間徹夜だったのに結局この日も爆睡とはいかず。
まだ羊水を吐くかも、と言われてた通り、朝になって大量の羊水を吐いたので連れて行かれる。その後ようやくぐっすり寝た
 
私の初出産の記録。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hana423

Author:hana423
2008.12結婚
2012. 2長男誕生!

30代になり初めての育児に奮闘しています。




見てみてね♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2
リンク
LOVE♪
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。